こんにちは。コミュニケーションデザイナーの吉田幸弘です。

1対1の雑談は問題ないのですが、3人以上、グループになると苦手と言う方は少なくありません。このような方は、自分が「2対1」「3対1」の「1」、つまり1人の側になったとき、特に困るのではないでしょうか。

実は、私もそうでした。たとえば、その場に居合わせた4人のうち、3人が「ゴルフが好き」という共通点があり、自分だけがゴルフに関心がなかったとします。

3人は「ゴルフ」の話で盛り上がっているけれど、自分はまったくの門外漢でわからない。この段階の雑談でのパワーバランスは明らかに「3対1」であり、自分は「1」の側にいます。こういう場合、黙っていては、疎外感、孤立感が増すだけです。

では、どうしたらいいでしょうか。

その場合、「私はゴルフはあまり詳しくないのですが~」を枕詞に使って、「ゴルフ道具一式そろえるといくらぐらいするのですか?」

「お好みのゴルフ場ってあるのですか?」

「ゴルフ場を選ぶ際、どのような基準で選ばれるのですか?」

「ゴルフウェアって規定とかあるのですか?」

などと質問をしていけばいいのです。

自分が知識がないということを自己開示すれば、少し頓珍漢な質問をしても、ある程度は大丈夫です。怪訝な顔をされたら、「すいません」と謝ればいいのです。

「知らないから話に入れない」とぽつんとしているのではなく、自分から積極的に食い込んでいく。そうすることでひとりぼっちを回避できるだけでなく、未知なる分野の新しい知識を得られると思うようにしましょう。

その3人に社会性があれば、「あ、自分たちだけで盛り上がって悪いことをしたな」と感じて色々教えてくれるはずです。仮に、自分がゴルフをやりたくないのに、興味があると思われて、強引にグループに入れられてしまうかと警戒するなら。誘われてから考えればいいのです。

誘われたときに、こっそりと。。

「すいません。毎週フットサルのチームで試合があるんですよ」

「週末は家族サービスをしないと怒られてしまうんで」

など、その中の1番言いやすい人に伝えればいいのです。

3人以上の雑談では、ぽつんとした側になりそうになったら、自分から積極的にアプローチしていくようにしましょう。その「勇気」も雑談力の1つです。