管理職やリーダーいますぐできる「部下の心をくすぐる3つの頼み方」

こんにちは。コミュニケーションデザイナーの吉田幸弘です。

特定の部下に仕事やプロジェクトを任せたいときは、「その人だから頼みたい」ということを明確にするようにしましょう。「この分野に強い佐々木君だから、お願いしたいんだ」と伝えるのです。そうすると、本人も引き受けてくれます。

ただし、人によってやる気を出すポイントは違います。人はどんなときに仕事をやる気になるか、ポイントを大きく分けると3つのタイプに分かれます。よって、プロジェクトを頼むときは、部下のタイプによってアレンジしていくと効果的です。それでは各タイプの特徴と、やる気を出すポイントについて触れていきます。

リスク回避志向の部下への管理職からの頼み方

安定を求め、リスクを避けようとするタイプです。悪く言えば、無難なこと、最低限のことだけやればいいやと考える傾向があります。新しいことを率先してやるのではなく、今あることをリスクなく、きちんと進めていきたいと考えます。

リスク回避志向の人は、プロジェクトを受けたあとのリスクを考えます。そこで、リスクが小さいことを証明する安心材料を渡す必要があります。

「関連部署に根回ししてあるから」
「昨年のプロジェクトを経験したメンバー3人にも加わってもらうから」
このように言うと安心します。

同様に、なぜその人に頼んだのかも明確にする必要があります。「今回の仕事は、細かい部分に注意する必要があるから、佐々木君にぴったりだなと思ってお願いしたいんだ」また、このタイプは責任が追いかぶさってくるのを非常に嫌うので、責任は管理職・リーダーも負うと話しましょう。なお、責任という言葉は非常に範囲の広いものです。

主に3つに分けられます。

  1. 遂行責任
  2. 報告責任
  3. 結果責任

部下に全く責任がないとすると、受け身のタイプの部下の中には、何もしなくても管理職・リーダーが責任を負ってくれるだろうなんて考える者も出てきます。そこで、1と2を部下の責任にするのです。そうすることで、部下は途中で投げ出すこともなく、やり切りますし、報告もきちんとしてきます。また何かあったら気軽に言ってくれという雰囲気を出しておくことも重要です。

3に関しては、管理職・リーダーの責任にします。そうすることで、部下も安心して仕事に取り組めます。

キャリアアップ志向の部下への管理職からの頼み方

昇進・昇給など、自分自身の市場価値が上がっていくことを重視するタイプです。キャリアアップ志向の部下に対しては、「ポジションが上がる可能性もある大事な仕事であり、他の人には任せられない」ということを伝えましょう。

「この仕事を任せられるのは実質的に言っても佐々木君しかいないよ」と実績を重視しており、昇格・昇給につながるということもほのめかしたいところです。

仮にいますぐではなくても、昇格・昇給のポイントになるということを伝えてあげるとさらにやる気も出てきます。このタイプの部下は、プライドが高いので、「あなた以外には」という点を明確にすることが特に重要になります。

チャレンジ志向の部下への管理職からの頼み方

キャリアアップ志向と同じく前進していくタイプなのですが、昇進や昇給より「前人未踏」「業界初」「難関」といった言葉にやる気を求めるタイプです。刺激を求めています。

チャレンジ志向の人には、「まだ誰もやったことのない企画」「リスクはあるけど、うまくいけば業界初」と投げかけると、がんばってくれます。逆に、難関を好むので、「簡単な仕事だから」「誰にもできるからさ」と言われると、モチベーションが下がってしまいます。

またこのタイプはある程度、自分で判断できる自由を好みます。What(仕事やプロジェクトの内容)、Why(そのプロジェクト・仕事を何でする必要があるのか)を伝えたら、how(やり方)はある程度、その人に任せるのがいいでしょう。

 

メルマガプレゼント

日本のマネジメント層をサポートする吉田幸弘の管理職やリーダー研修・コミュニケーション術研修のエッセンスをお伝えしております。

「きょうよりも業務進行が捗るマネジメントができるようなりたい」「部署の空気を良くしたい、プロジェクト士気を高めたい」管理職やリーダーのためのメルマガ「 一流のリーダーが実践している ちょっとした心がけ 」を登録者の方に定期配信しております。


メルマガの内容一例

・新刊の原稿の一部及び未収録原稿を抜粋
・管理職におすすめの書籍のご紹介
・マネジメント手法のご紹介
・社内コミュニケーション手法のご紹介

・その他、管理職・リーダーに役立つ情報

 

吉田幸弘_書籍_メルマガ

 

都道府県 【必須】