管理職・リーダーが意識したい雑談上手になるためのネタの集め方

管理職・リーダーが部下との信頼関係を築くためのコミュニケーションにおいて、軽視されがちな雑談・コミュニケーションについて解説しています。ビジネス上の人間関係であれど、ひと対ひとの付き合いにおいて、雑談でのコミュニケーションでも信頼関係を築くことはできます。雑談についての心構え、考え方、実践的なテクニックを解説しています。 当記事はその第5章のまとめ記事です。

雑談上手になるためのネタの集め方

雑談をコミュニケーションの手段とする際には、相手のことをよく知ることや、それらを会話に活かすための準備が必要となります。
その際の心構え、考え方、実践的なテクニックを解説いたします。

雑談ノートを作成しよう

そこで、おススメしたいのが「雑談ノート」です。

「雑談ノート」には、面談時にお話しした雑談の内容を書いておくものです。

そして時折見返す、社外の人ならお会いする前に見返しておくのです。

雑談で上司をマーケティングしよう

評価される部下は今、上司が抱えている悩み、あるいはやってほしいことをしっかりマーケティングができています。
ではどうやってマーケティングをしているのでしょうか。
それは雑談によって相手のニーズを測っているのです。

雑談で部下のバロメーターを把握しよう

雑談を通して部下をマーケティングし、時には部下の状態を雑談によって把握するといいでしょう。

相手のバイオリズムを把握しておこう

仕事に置いて頼み事や企画を通したい時、上司の機嫌のいい時間に相談すればいいというのは定説です。雑談も同じです。

一度そっけない態度を取られたりしても、必要以上に気にしないことです。
気にしすぎて話しかけられないのが一番よくありません。

グッズを上手く活用しよう

一緒に食事をすると、何だかその人に近づいた気がしますし、満足感があるので、相手は頼み事を引き受けてくれやすくなるという特徴があります。心理学用語でこれを「ランチョンテクニック」と呼んでいます。

地域ネタを抑える

そこで、盛り上がるために準備しておいたほうがいいことをお伝えいたします。
全国に出張することがない方でも、相手の出身地を聞いたときに使えます。

雑談トレーニングをしよう

雑談上手になるには、やはり知らない人とたくさん話すことです。
特におススメしたいのが、次の4つの場所です。

管理職研修 リーダー・管理職育成のための研修を用意しています。

 

メルマガプレゼント

日本のマネジメント層をサポートする吉田幸弘の管理職やリーダー研修・コミュニケーション術研修のエッセンスをお伝えしております。

「きょうよりも業務進行が捗るマネジメントができるようなりたい」「部署の空気を良くしたい、プロジェクト士気を高めたい」管理職やリーダーのためのメルマガ「 一流のリーダーが実践している ちょっとした心がけ 」を登録者の方に定期配信しております。


メルマガの内容一例

・新刊の原稿の一部及び未収録原稿を抜粋
・管理職におすすめの書籍のご紹介
・マネジメント手法のご紹介
・社内コミュニケーション手法のご紹介

・その他、管理職・リーダーに役立つ情報

 

吉田幸弘_書籍_メルマガ

 

都道府県 【必須】