管理職・リーダーのマネジメント・承認スキル 部下や他部署のメンバーの悪口を言わない

これから、管理職・リーダーのマネジメントスキルのひとつ「承認」の技術について解説します。今回は、「部下や他部署のメンバーの悪口を言わない」ということについてです。リーダーとしての考え方、その際の心構え、実践的なテクニックを解説いたします。

管理職・リーダーが意識したいこと「部下や他部署のメンバーの悪口を言わない」

 その場にいない第三者を褒めると、尾ひれがついて相手に伝わり、好感を持ってもらえます。

 一方で、その場にいない第三者の悪口を言うと、相手に非常に悪い印象が残ります。

 リーダーになると、部下や他部署とのコミュニケーションが増えるので、つい悪口や愚痴を言いたくなります。

 年上の部下、言われたことしかしない部下に対してであったり、「営業部対生産管理部」など他部署に対して思うことはあるでしょう。

 もちろん、改善の要望を出す必要があります。

 しかし、悪口は言わないほうがベターです。

 例えば、年上の部下Bさんに対して不満を持っていたとします。

 「Bさん、変に企画書にこだわりすぎるんだよ」

 「Bさん、後輩の面倒とか一切見ないんだよ」

 「Bさん、新規開拓しないんだよ」

 これらの不満は、直接伝えるもので、第三者に言うべきものではありません。

 どこで誰がその人に伝えるかわかりません。

 仮に言った相手が悪口を言われた当事者にそのまま伝えない場合でも、間に入った人がまた伝える可能性があります。

 そもそもリーダーのあなたも完璧でしょうか?

 どんなリーダーも人間ですから100%ではありません。

 上司は部下を見抜くのに3ヶ月かかるが、部下は上司を3日で見抜けるなんて言葉があります。

 悪口を言った相手は、必ずあなたの批判をしてきます。

 もちろん、リーダーは自分に対する批判や悪口を恐れてはなりませんが、わざわざ言われるようにする必要もありません。

 また、部下の前で他のメンバーの悪口を言うと、「自分もそのように思われているんじゃないか」と部下は考え始めます。

 ここでかつての私のエピソードを紹介いたします。

 営業マネージャーであった私はパフォーマンスの上がらず、言い訳ばかりしているC君のことを、他のメンバー2人といる時に、「Cには他部署に移ってもらおうか考えているんだ」と言ってしまいました。

 言われた2人もC君に対して不満があったようです。

 また、2人は報連相もきちんとするタイプでした。

 だから大丈夫だろうと私は思っていたのですが、実はそうではありませんでした。

 2人のうちの1人G君が、少し私を避けるようになったのです。

 具体的には、それまでは悪い報告などもざっくばらんにスピーディーに報告してくれていたのですが、それがなくなりました。

 他のナンバー2の部下から聞いたところ、G君は成績が落ちたら、ミスをしたら、自分もそうなるのではないかと感じたのだそうです。

 G君は、「悪口を言った部下のようになるかもしれない。明日は我が身」と思ったのです。

 もちろん私にはそのような気は全くありませんでした。

 他の人の前でいない人の悪口や愚痴を言うのは非常に危険ということです。

 しかし、そうはいっても、リーダーも困った部下や他部署のメンバーに対する愚痴、困ったことを言いたくなるケースもあるでしょう。

 言わないでもストレスになります。

 何よりも相手の行動を改善するよう伝える必要があります。

この場合、2つの方法がいいでしょう。

1.ナンバー2の部下の前だけで言う

ナンバー2の部下とはできるだけ多く情報共有しておく必要があります。

よって、困った部下の話や他の仕事を含めた愚痴を言うのもありです。

また、ナンバー2の部下はプレイヤーであるがゆえに、プレイヤー側からの観点で考えることができるので、リーダーでは気づけない指導のポイントを教えてもらえる可能性があります。

2.仕事とはまったく関係ない第三者に話す

社外であっても仕事がきっかけで結びついた相手ではなく、アフターファイブや休日などに趣味で出合った相手や、セミナーやスクールで会った相手に言うのがいいでしょう。

もちろん相手に伝わらないからというのもありますが、意外なヒントも得られるケースが少なくないからです。

特に違う業種の方のお話は参考になるかと思います。

合わない相手でも悪口さえ言わなければ何とかなります。

管理職研修 リーダー・管理職育成のための研修を用意しています。

 

メルマガプレゼント

日本のマネジメント層をサポートする吉田幸弘の管理職やリーダー研修・コミュニケーション術研修のエッセンスをお伝えしております。

「きょうよりも業務進行が捗るマネジメントができるようなりたい」「部署の空気を良くしたい、プロジェクト士気を高めたい」管理職やリーダーのためのメルマガ「 一流のリーダーが実践している ちょっとした心がけ 」を登録者の方に定期配信しております。


メルマガの内容一例

・新刊の原稿の一部及び未収録原稿を抜粋
・管理職におすすめの書籍のご紹介
・マネジメント手法のご紹介
・社内コミュニケーション手法のご紹介

・その他、管理職・リーダーに役立つ情報

 

吉田幸弘_書籍_メルマガ

 

都道府県 【必須】