管理職・リーダーのマネジメント・承認スキル なぜ部下に仕事を任せることができないのか

これから、管理職・リーダーのマネジメントスキルのひとつ「承認」の技術について解説します。今回は、「なぜ部下に仕事を任せることができないのか」ということについてです。リーダーとしての考え方、その際の心構え、実践的なテクニックを解説いたします。

管理職・リーダーが意識したいこと「なぜ部下に仕事を任せることができないのか」

部下に仕事を任せることのメリットはわかった。だけど、任せられないという人は少なくないのではないでしょうか。

私自身もかつてリーダーになりたての頃、なかなか部下に任せることはできませんでした。任せたとしても次のようにしていましたから、部下も任せられた感はなかったでしょう。

・細かく説明して、部下に何も考える(迷う)余地を残さない

・部下に任せておきながら、ムリだなと思ったら、すぐに仕事を取り上げる

このような状態でした。

では、考えられる任せられない理由を挙げていきましょう。

・部下に任せることで、仕事の質が下がる

・部下に任せて失敗したら、取引先を失うかもしれない

・未熟な部下を見て、取引先が心配するかもしれない

・部下にやらせるくらいなら自分でやったほうが早い

・わざわざマニュアルをつくらなくてはいけない

・教えるのに時間がかかる

・やり直しなどが発生して、かえって手間がかかる

・部下に仕事を取られたら、自分の立場がない

(⇒リーダー失格ですが、意外にこのように思う人は少なくありません)

・前に他の仕事で失敗したので不安である

・何でも勝手に進めてしまうので危険である

・今まで自分1人で感覚でやってきたので説明が難しい

・前に任せようとしたが、仕事を増やしたくないという様子で断ってきた

・「何で俺がやらなきゃいけないのですか」と言ってくる

・「こんな仕事やる必要性があるのですか?」と言われたことがある

・そもそも部下がどのくらいのスキルを持っているかわからない

・ミスが多く、仕事を与えるのが怖い 

 他にも色々あるでしょう。

 細かい相違点はありますが、「任せることができない」理由は、大きく分けると次の5つに分類できます。

  1. 部下の失敗が怖い
  2. 手間をかけたくない
  3. 自分の立場を守りたい
  4. 頼んで断られるのが嫌だ
  5. 部下のスキル・能力を把握できていない

管理職研修 リーダー・管理職育成のための研修を用意しています。

 

メルマガプレゼント

日本のマネジメント層をサポートする吉田幸弘の管理職やリーダー研修・コミュニケーション術研修のエッセンスをお伝えしております。

「きょうよりも業務進行が捗るマネジメントができるようなりたい」「部署の空気を良くしたい、プロジェクト士気を高めたい」管理職やリーダーのためのメルマガ「 一流のリーダーが実践している ちょっとした心がけ 」を登録者の方に定期配信しております。


メルマガの内容一例

・新刊の原稿の一部及び未収録原稿を抜粋
・管理職におすすめの書籍のご紹介
・マネジメント手法のご紹介
・社内コミュニケーション手法のご紹介

・その他、管理職・リーダーに役立つ情報

 

吉田幸弘_書籍_メルマガ

 

都道府県 【必須】