管理職・リーダーのマネジメント・承認スキル 部下のモチベーションの源泉を知っておく

これから、管理職・リーダーのマネジメントスキルのひとつ「承認」の技術について解説します。今回は、「部下のモチベーションの源泉を知っておく」ということについてです。リーダーとしての考え方、その際の心構え、実践的なテクニックを解説いたします。

管理職・リーダーが意識したいこと「部下のモチベーションの源泉を知っておく

 先ほども書きましたが、部下に仕事を任せる時、背景や理由を伝えることはかなり大切です。これがないと、部下はやらされているなと感じてしまい、クオリティは下がってしまいがちです。

 だからといって、全ての部下に同じように「君に頼むとクオリティーが高くて安心できるから」「評価が上がるよ」と一辺倒の言い方では、部下のパフォーマンスは上がらないでしょう。

 むしろ、「頼むのに調子のいいことを言って」と、部下に見透かされてしまうかもしれません。

人はそれぞれ性格も得意なことも違います。

よってその人に頼む理由を通り一辺倒にするのではなく、部下によって変える。

「こういった仕事だから○○さんに頼みたい」と、「なぜその人に任せるのか」の理由を伝えることです。部下のモチベーションの源泉は、それぞれ違います。

 具体的に各タイプの特徴と、それぞれがやる気を出すポイントについて触れていきたいと思います。

1.キャリアアップ志向の部下

 昇格・昇給など、自分のポジションを上げていきたいタイプです。どのように評価されるかを重視する傾向にあります。

 昇格・昇給につながる仕事ということを伝えましょう。

 仮に今すぐ直接昇格・昇給にならなくても、「1つ上のポジションに行ったときに役に立つ」という言い方でもいいでしょう。

 「自分は将来のリーダー候補とみられているのだな」と本人も嬉しく思い、モチベーションが自ずと高まります。

 具体例を挙げていきましょう。

「内藤君と鈴木君の2人の指導を○○さんに任せたい。後輩を指導することで、マネジメント力も身につけられるよ。将来リーダーに上がったときに役に立つから頼むよ」

「会議の進行役を○○君に任せたい。このチームで将来のリーダーといったら○○君って思っているし。ファシリテーション力もつけられるし、頼むよ」

2.リスク回避志向の部下

 この人はリスクを避けて、無難に進めていきたいと考えていくタイプです。

 失敗して評価が下がるのを恐れています。新しいことに率先して取り組むタイプではなく、失敗するくらいなら今までの仕事に変化をつけないほうがいと考えます。

 このタイプの人に無理に変わってもらおうとすると、「今上手くいっているのになぜ変える必要があるのですか?」と反対してきます。

 ポイントはリスクが小さいから安心して欲しいと伝えることです。

 「関連部署に根回ししているから」「昨年もプロジェクトを経験したメンバーにも3人入ってもらっているから」

 ただし、この時注意点があります。

 ○○君では1人に任せるのは心配だから根回ししていたり、昨年の経験者を入れていると思われないようにすることです。

 「○○君も忙しいから」などとプライドをくすぐる言い方がいいでしょう。

3.チャレンジ志向の部下

 キャリアアップ志向の部下と同じように前進していくタイプですが、どちらかといえば「新しい」「変わった」「業界初」「前人未踏」などといった言葉を好みます。

 誰でも登れる山より難関な山に登りたいと考えるタイプです。

 「まだ誰もやったことのない企画」「これができれば、革命を起こせるよ」と言うと、モチベーションが上がるタイプです。

 「誰にでもできるから安心して」「過去失敗した人はほとんどいないかから」と言うと、「ならば自分じゃなくて他の人がやればいいじゃないか」とモチベーションを下げてしまいます。

 「○○君にだからこそチャレンジして欲しいんだ」「この企画が成功すれば、他社に大きくアドバンテージがとれるようになるよ」など、ワクワクさせる言葉を使って頼むのがポイントです。

4.自由志向の部下

 このタイプの人は、ガチガチに管理されたりすることを嫌います。

 100%マニュアル通りにやらなくてはならない、言われた通りのことしかやってはいけないなどの「制限」のある仕事を嫌います。

 柔軟性のある人です。発想力も豊かな人です。

 このタイプの人は、自分で仕事の進め方を工夫したり、アレンジしたりすることを好みます。逆にそれができないと、仕事へのモチベーションが大いに下がってしまいます。

 「今回はクリエイティブさが求められるから○○さんにお願いしたんだ」といった頼み方であったり、「この3点を抑えたうえで、自由な発想で企画書を作成してもらえるかな」といった伝え方だと張り切ってくれます。

管理職研修 リーダー・管理職育成のための研修を用意しています。

 

メルマガプレゼント

日本のマネジメント層をサポートする吉田幸弘の管理職やリーダー研修・コミュニケーション術研修のエッセンスをお伝えしております。

「きょうよりも業務進行が捗るマネジメントができるようなりたい」「部署の空気を良くしたい、プロジェクト士気を高めたい」管理職やリーダーのためのメルマガ「 一流のリーダーが実践している ちょっとした心がけ 」を登録者の方に定期配信しております。


メルマガの内容一例

・新刊の原稿の一部及び未収録原稿を抜粋
・管理職におすすめの書籍のご紹介
・マネジメント手法のご紹介
・社内コミュニケーション手法のご紹介

・その他、管理職・リーダーに役立つ情報

 

吉田幸弘_書籍_メルマガ

 

都道府県 【必須】