管理職・リーダーのマネジメント・承認スキル 部下と飲みに行かない

これから、管理職・リーダーのマネジメントスキルのひとつ「承認」の技術について解説します。今回は、「部下と飲みに行かない」ということについてです。リーダーとしての考え方、その際の心構え、実践的なテクニックを解説いたします。

管理職・リーダーが意識したいこと「部下と飲みに行かない」

 以前は仕事が終わると会社のメンバーで毎日のように飲みに行ってコミュニケーションをとっていたという人も少なくないかと思います。

 そのような飲ミュニケーションは、今ではだいぶ少なくなりました。

 若手メンバーの中にはお酒を飲まないという人も増えてきました。

 飲ミュニケーションは、部下の悩みを聞いたり、仕事異以外での部下の「顔」を知るチャンスともいえます。

 かつては年功序列制・終身雇用制が前提でしたので、先輩と飲みに行って、仕事や職場での立ち振る舞いを学ぶことができました。

 しかし、昨今では変化のスピードが激しく、多様性が求められます。

社内のみのコミュニケーションだけですと、同質性の集まりになりがちです。

時代から取り残されたガラパゴス状態になってしまう恐れがあります。

 働き方改革の目的の1つに、仕事を早く終わらせ、オフの時間で自己研鑽をしたり、社外の方と情報交換をして、仕事に活かして、さらに高質のアウトプットを残しましょうということがあります。

 だからといって社内のコミュニケーションが必要ないわけではありません。

 もちろん飲みに行ってコミュニケーションを高めること自体は悪くありません。ただ、できれば年末の忘年会やプロジェクトの立ち上げ時、あるいは打ち上げ時などにとどめておくのがいいでしょう。

 それ以上に大切なポイントとして、リーダーはコミュニケーションの量に差をつけないように注意する必要があります。

 Aさんに声をかけたら、Bさんにも、C君にも同じ量で声をかける必要があります。

 しかし、この量を揃えるということは、そう簡単ではありません。

 営業の会社などでいえば、Aさんは社内にいるけど、Bさんは出張中かもしれません。

 お酒を飲まない人もいるでしょう。

 何よりも、リーダーだって人間です。

 メンバーに対して「好き・嫌い」があるかもしれません。

 声をかけやすい部下もいれば、取っつきにくい部下もいるかもしれません。

 業績のいいAさんとはどんどん飲みに行きたいが、業績の上がらないBさんとはあまり行きたくないという気持ちがどこかにあるかもしれません。

 このような特徴はある意味仕方ないかと思います。

 しかし、部下からすると、「私は誘われていない。もしかするとリーダーに嫌われているのかもしれない」と心配に感じてしまうでしょう。

 そのような心配から、ぎこちない関係を生み出してしまうかもしれません。

 元プロ野球監督の野村克也氏は、選手の結婚式には絶対に参加しなかったそうです。

 この選手の結婚式には出たけど、私の結婚式には出てもらえなかったと部下が変に勘繰るのを避けたからだそうです。

 たまたまAさんの結婚式に参加できなかったのは、別の用事があったからで出たくなかったわけではないとします。

 そうであっても、選手は半信半疑になってしまいます。

 ならば、差をつけないためにも、全部結婚式には参加しないと決めるほうがいいのです。

管理職研修 リーダー・管理職育成のための研修を用意しています。

 

メルマガプレゼント

日本のマネジメント層をサポートする吉田幸弘の管理職やリーダー研修・コミュニケーション術研修のエッセンスをお伝えしております。

「きょうよりも業務進行が捗るマネジメントができるようなりたい」「部署の空気を良くしたい、プロジェクト士気を高めたい」管理職やリーダーのためのメルマガ「 一流のリーダーが実践している ちょっとした心がけ 」を登録者の方に定期配信しております。


メルマガの内容一例

・新刊の原稿の一部及び未収録原稿を抜粋
・管理職におすすめの書籍のご紹介
・マネジメント手法のご紹介
・社内コミュニケーション手法のご紹介

・その他、管理職・リーダーに役立つ情報

 

吉田幸弘_書籍_メルマガ

 

都道府県 【必須】