管理職・リーダーのマネジメント・承認スキル 特別な能力は必要ない

これから、管理職・リーダーのマネジメントスキルのひとつ「承認」の技術について解説します。今回は、「特別な能力は必要ない」ということについてです。リーダとしての考え方、その際の心構え、実践的なテクニックを解説いたします。

管理職・リーダーが意識したいこと「特別な能力は必要ない」

 

ここまで読んでいただいた読者の方の中には、「思っていたリーダーシップと違うな」と違和感を感じた方も少なくないのではないでしょうか。

・リーダーは常に先頭に立って引っ張っていかなければならない

・精神的に強くなければならない

・部下の誰よりも優れていなければならない

・全知全能でなければならない

・ついていきたいと思わせるような魅力(カリスマ性)がなければならない

・人に頼ってはいけない

 特にプレイヤーの時に優秀だった方の中にはこのように感じている方は多いのではないでしょうか。

 私は今まで様々な業種で数多くのプレイヤーの方がリーダーに昇格するのを見てきました。その中で、リーダーになって成功する人と失敗してしまう人を見てきました。

 成功する人はプレイヤーとリーダーは違うと考え、失敗してしまう人は、プレイヤーの延長でリーダーの仕事をしてしまいます。

 リーダーは「導く人」です。

 メンバーを正しい方向に導く役割なのです。

 相手の上に立って動かそうとする必要はないのです。

 そもそも人は自分の上に立って、力ずくで引っ張っていかれたいと思うでしょうか。

 中には指示待ちの傾向にある受け身の方で、そのように思う人もいるでしょう。

 しかし、大抵の人はそう思わないでしょう。

 むしろ、自分の思うように仕事をしていきたいと思うのではないでしょうか。

 自発的に動いていきたいと考える人に対して支配して自分の思うようにさせようとすることは、その人の良さを消してしまいます。モチベーションも下がってしまうでしょう。

 プレイヤーの仕事から卒業できる優秀なリーダーは、部下の補佐役と自分を位置づけます。部下が困ったときにフォローする、動きやすいようにフォローしていくようにしているのです。

 かつて私の在籍していた会社で2つのタイプのリーダーが営業チームを率いて競争していました。

 仮にAさんとBさんとします。2人は同じ年齢でした。昇格する前のプレイヤー時代の成績は、Aさんのほうが優秀でした。Aさんは常にトップでした。

 もちろん、Bさんも昇格するくらいですから、成績が悪かったわけではありませんが、Aさんには劣っていました。

 Aさんは常に部下に指示を出しています。

 経験のある部下、経験の浅い部下にも関わらず、自分のやってきたやり方をするように教えます。

 一方のBさんは、部下に自由にやらせます。

 そのうえで、方向性が間違っていたら、正しい方向に行くように気づかせます。

 もちろん、経験の浅い部下が困っていたら手を差し伸べることもあります。

 どちらのチームが1年後、業績をあげたでしょうか。

 Bさんのチームでした。

 Aさんは「支配者タイプ」、Bさんは「補佐役タイプ」です。

 実は補佐役タイプのほうが、リーダーシップを発揮しているのです。

 リーダーシップを発揮するためにはどんなことを身につけていったらいいかは、次章以降にお話していきますが、ここで1つだけ絶対に持っておきたい心得をを紹介いたします。

「主役は部下であり、リーダーではない」

 スポーツでいえばリーダーは監督で、選手は部下になります。

 監督のほうが立場上は上ですが、試合になると、監督はプレーできません。

 どんなに監督が優秀で選手に指示しても、選手が監督の言うことなんて聞きたくないと思って勝手にプレーしたら試合に負けてしまいます。

 野球に例えると、足の速い小柄な選手にいいからホームランを狙ってフルスイングしてこいと言っても、ホームランは打てないでしょう。

 ホームランは打てるけど、足の遅い選手に盗塁しろといっても失敗してしまいます。

 主役である選手が輝き、最高のパフォーマンスを発揮できる方向性に導く。

 これがリーダーのあるべき姿なのです。

管理職研修 リーダー・管理職育成のための研修を用意しています。

 

メルマガプレゼント

日本のマネジメント層をサポートする吉田幸弘の管理職やリーダー研修・コミュニケーション術研修のエッセンスをお伝えしております。

「きょうよりも業務進行が捗るマネジメントができるようなりたい」「部署の空気を良くしたい、プロジェクト士気を高めたい」管理職やリーダーのためのメルマガ「 一流のリーダーが実践している ちょっとした心がけ 」を登録者の方に定期配信しております。


メルマガの内容一例

・新刊の原稿の一部及び未収録原稿を抜粋
・管理職におすすめの書籍のご紹介
・マネジメント手法のご紹介
・社内コミュニケーション手法のご紹介

・その他、管理職・リーダーに役立つ情報

 

吉田幸弘_書籍_メルマガ

 

都道府県 【必須】