管理職・リーダーのマネジメント・承認スキル 最終責任は必ず「上」が取ることを約束する

これから、管理職・リーダーのマネジメントスキルのひとつ「承認」の技術について解説します。今回は、「最終責任は必ず「上」が取ることを約束する」ということについてです。リーダーとしての考え方、その際の心構え、実践的なテクニックを解説いたします。

管理職・リーダーが意識したいこと「最終責任は必ず「上」が取ることを約束する」

なお、大切なのは誰かに相談して決めたことが上手くいかなかったり、任せたのに思ったほどクオリティがよくなった場合でも、部下の責任にしないことです。

 「君が言ったから決めたのに、全然使えないじゃないか」

 「今回のチラシ、君の案で採用したのに、全然来店者数が増えないじゃないか」

 もちろん、上手くいかなかった要因を分析する必要はありますが、最終的な責任はリーダーがとらなければいけません。

 部下に責任を押しつけてしまうと、次回から挑戦しないようになってしまいます。

 ただし、注意が必要なのは、部下を責任ゼロにしないことです。

 責任ゼロにしてしまうと、部下の中には「言われたことを最低限やっておけばいいや」等のやっつけ仕事になる可能性があります。

責任は、主に3つに分けられます。

  1. 遂行責任
  2. 報告責任
  3. 結果責任

部下に何か実行してもらった場合は、1と2は部下の責任にします。

そうすることで、部下が途中で投げ出すこともなく、やり切りますし、報告もきちんとしてきます。

仕事のクオリティも上がります。

 ただし、3はリーダーの責任にします。

 そうすることで、部下も安心して仕事を進めることができます。

 なお、遂行できなかった場合は、リーダーにまったく責任がないという考えはナンセンスです。やはり上役なのですから、責任は生じます。

 部下が未熟で心配な場合は、確認の回数を増やしたりしていきましょう。

 大切なのは「失敗していいよ」と安心感を与えることです。

 失敗が成長につながりますから。

管理職研修 リーダー・管理職育成のための研修を用意しています。

 

メルマガプレゼント

日本のマネジメント層をサポートする吉田幸弘の管理職やリーダー研修・コミュニケーション術研修のエッセンスをお伝えしております。

「きょうよりも業務進行が捗るマネジメントができるようなりたい」「部署の空気を良くしたい、プロジェクト士気を高めたい」管理職やリーダーのためのメルマガ「 一流のリーダーが実践している ちょっとした心がけ 」を登録者の方に定期配信しております。


メルマガの内容一例

・新刊の原稿の一部及び未収録原稿を抜粋
・管理職におすすめの書籍のご紹介
・マネジメント手法のご紹介
・社内コミュニケーション手法のご紹介

・その他、管理職・リーダーに役立つ情報

 

吉田幸弘_書籍_メルマガ

 

都道府県 【必須】