管理職・リーダーのマネジメント・承認スキル 自分のストレスの攻略法を知っておく

これから、管理職・リーダーのマネジメントスキルのひとつ「承認」の技術について解説します。今回は、「自分のストレスの攻略法を知っておく」ということについてです。リーダーとしての考え方、その際の心構え、実践的なテクニックを解説いたします。

管理職・リーダーが意識したいこと「自分のストレスの攻略法を知っておく」

部下との信頼を構築するには多くの時間が必要となりますが、信頼を崩すのはあっという間です。ほんの一瞬の出来事で信頼は崩れてしまいます。

 老舗の料亭船場吉兆のように、一瞬の不祥事で廃業にまで追い込まれてしまう場合もあり、恐ろしいものです。

 ここでかつての私のエピソードをお話しいたします。

 パワハラリーダーで降格人事も経験していた私は、部下とのコミュニケーションに気を遣っていました。

 前述したように即座に否定したり、感情的に怒ったりすることは避けていました。

 当時の部下のEさんが、大きなミスを報告に来たときのことです。

 私は当時プレイングマネージャーで大口のお客様への提案書を作成したりして、毎晩遅くまで残業していました。

 知らず知らずのうちに、ストレスが溜まっていたのでしょう。

 思わずEさんを大きな声で怒鳴りつけてしまったのです。

 「そんな初歩的なミスをしたのかよ!いい加減にしてくれよ」

 「あっ、やってしまった……」と思いましたが、時すでに遅しです。 

  影響を受けたのはEさんだけではありません。

  周囲のメンバーも神妙な顔をしています。 

  その後、Eさんはともかく、他の部下ともぎこちない雰囲気が漂い続けました。

  結局、数か月後Eさんは退職していきました。

 イライラしてはいけない、部下に感情をぶつけてはいけない、常に豊かな表情でコミュニケーションをとる。

 このような部下とのコミュニケーションの本は世の中にたくさん出ていますし、一部のパワハラリーダーを除いて、そのことは意識されている方が多いでしょう。

 しかし、気をつけていても一瞬変なことを言ってしまう場合があります。

 言葉は武器にも凶器にもなります。

 しかも言葉はモノとして形上は残らないものですが、相手の心の中に残ってしまいます。

 そのような凶器、意識せずつい反射的に使ってしまうことがあります。

 なぜこのように反射的に使ってしまうのでしょうか?

 要因はストレスの蓄積です。

 ストレスは知らぬ間に溜まっていくものです。

 溜まって爆発する前に、減らす攻略法を考えておく必要があります。

 かつて私が一緒に働いた人の中には「仕事がストレス解消なんだ」と毎日夜遅くまで頑張っている人がいました。

 そうは言ってたものの、彼はイライラしてトラブルが絶えませんでした。

 やはり仕事以外にストレスを解消するものを準備しておくべきです。

 できることなら長期的ストレス解消のものと短期的なストレス解消のものを用意しておくのがいいでしょう。

 長期的なストレス解消といえば、年に2回の海外旅行や、山登り、帰省などがあります。

 そのイベントで大きくストレスは解消しますし、仕事の楽しみにもなります。

 しかし、ストレス解消を半年も待つわけにはいかない場合もあります。

 短期的なストレス解消法をもっておく必要があるのです。

 できることなら、その日その場で解消できるものがいいでしょう。

 またストレスは知らぬ間に蓄積されていくものですから、毎日定期的にストレス解消する儀式をするようにしましょう。

 例えばちょっと5分散歩するでもいいですし、深呼吸するでも体操するでもいいでしょう。環境が許されるなら波の音など自然の音を聞いてみるのもいいでしょう。

 これらの儀式を毎日朝1回でもいいですし、朝昼夕の3回でもいいので、ルーティン化するようにしましょう。

管理職研修 リーダー・管理職育成のための研修を用意しています。

 

メルマガプレゼント

日本のマネジメント層をサポートする吉田幸弘の管理職やリーダー研修・コミュニケーション術研修のエッセンスをお伝えしております。

「きょうよりも業務進行が捗るマネジメントができるようなりたい」「部署の空気を良くしたい、プロジェクト士気を高めたい」管理職やリーダーのためのメルマガ「 一流のリーダーが実践している ちょっとした心がけ 」を登録者の方に定期配信しております。


メルマガの内容一例

・新刊の原稿の一部及び未収録原稿を抜粋
・管理職におすすめの書籍のご紹介
・マネジメント手法のご紹介
・社内コミュニケーション手法のご紹介

・その他、管理職・リーダーに役立つ情報

 

吉田幸弘_書籍_メルマガ

 

都道府県 【必須】